• 火曜日, 2020年10月27日

銀行だけじゃない!事業資金の借り方について

Byadmin

2020年10月12日

消費者金融の事業ローンを利用する際の注意点

銀行からの借り入れができない場合、消費者金融の事業ローンという選択肢があります。消費者金融は銀行と比べると審査がやや緩い傾向にあるので、銀行の借り入れ審査に落ちた人でも利用ができたケースは少なくありません。申し込み手続きは一般的な借り入れとほぼ変わりませんが、業者によっては不動産物件などの担保を用意する必要があります。また、銀行よりも金利が高く設定されている他、返済期間も短いので注意しなければいけません。借り入れ金額によっては毎月の返済額で家計が圧迫される可能性もあるため、利用する際は慎重に判断する必要があります。

政策金融機関は金利が低い一方で審査が厳しい

政策金融公庫は政府が出資している特殊法人の金融機関です。経済発展と国民の生活の安定化を目的とした金融機関なので、事業資金の借り入れに対する金利は銀行よりも低く設定されています。その一方で審査は非常に厳しく、早期に安定した収益が得られると確信できるだけの根拠を提示できなければ利用できないと言っても過言ではありません。また、事業資金の返済期間も設備資金なら20年以内、運転資金なら7年以内と期限が決められています。そのため、返済計画を含めた事業計画書の作成には細心の注意を払うことが何よりも重要です。

違法な業者は絶対に利用してはいけない

事業資金の調達で絶対にやってはいけないのが違法業者からの借り入れです。貸金業の届け出を出していないモグリの業者は金利が非常に高額な他、暴力を伴う強引な取り立てを行うこともあります。また、利用した側も社会的な信用を失うので関わらないのが賢明です。

事業資金を作る時は、セルフバックと言う手法を使えばすぐに現金が手に入る可能性があります。誰でも参加できるので、試してみる価値のある方法です。